• 日本語
  • 中国语
  • 中國語
  • 한국어
  • English
  • tiêng Viêt
  • TOP
  • ECC日本語学院について
  • コース案内・入学案内
  • 進路・実績
  • Q&A
  • アクセス

ニュース

 >> ニュース

3名の学生の大学院進学が決まりました!おめでとうございます♪2014/10/10

3名の学生の大学院進学が決まりました!おめでとうございます♪

左から杨 鹏さん(中国) 段 琰さん(中国) 吕 清泉さん(中国) 

1.進学先の学校
  杨:名古屋市立大学 (専門分野:無線センサーネットワーク)
  段:千葉大学    (専門分野:建築都市科学)
  呂:三重大学大学院 (専門分野:経営学)

2.どうしてECCに入りましたか?
  杨:日本語を勉強したくて、上手になりたかったからです。

  段:インターネットで日本語学院をさがした時、ECC日本語学院が目に入りました。
 ECCのホームページを見て、この学校の情報を調べた後、ECCに入ることにしました。

  呂:ECCは日本で有名だし、大学院について専門的な指導がありますからだからECCを選びました。


3.ECCでの勉強、大学院進学指導、学校の雰囲気はどうでしたか?
  杨:先生は親切で、いつもお世話になっています。学生たちは先生の指導のもとで、一生懸命勉強しています。

  段:ECCの先生は優しくて親切です。学校のルールは厳しいです。宿題が多いですし、先生は真剣に見てくれて、間違えたとこを説明してくれます。

  呂:先生たちはみんな親切だし、学校の雰囲気もいいと思います。毎週一回の大学院の授業はとても役に立つと思います。


4.大変だったことは何ですか?どうやって乗り越えましたか?
  杨:実は勉強し始めた時、すべて大変でしたが、先生と友達が色々な勉強の方法を教えてくれて、
    助かりました。それ以外は、やっぱりどうしてもあきらめないで、熱心に勉強することです。

  段:一人で日本での生活は淋しくて難しかったです。日本の物価は高いです。最初は本当に大変でした。ECCで友達が出来て、日本語もだんだん上達して、生活は面白くなりました。アルバイトをして、お金を稼いで経済的に楽になりました。

  呂:最初日本に来たばかりの時、N2に合格しましたが、でも、リスニングやスピーキングがあまり上手にならないから、その時はとても大変でした。家に帰ったらたくさんテープを聞いて、授業でよく話したので、レベルがどんどん上がっています。


5.大学院での抱負を教えてください。
  杨:博士に進学する。

  段:特にないです。きちんと研究します。

  呂:経営学についていろんなことを勉強して、将来就職のために頑張ります。


6.後輩、ホームページを見ている人にメッセージをお願いします。
  杨:努力をした者が必ず成功するとは限らないが、成功した者はすべからく努力しています。
    ですから、みなさん頑張りましょう。

  段:夢をあきらめないで、頑張ってください。

  呂:留学試験と日本語の能力試験のためだけじゃない、もっとスムーズに日本人と話せるように頑張りましょう!

ニュース