• 日本語
  • 中国语
  • 中國語
  • 한국어
  • English
  • tiêng Viêt
  • TOP
  • ECC日本語学院について
  • コース案内・入学案内
  • 進路・実績
  • Q&A
  • アクセス

ニュース

 >> ニュース

進学者インタビュー2015/11/04

ECC日本語学院名古屋校へ嬉しいニュースが届きました!
現在ECC日本語学院で日本語の勉強をしている金施仁さん(韓国出身)が、中部楽器技術専門学校への入試に合格しました!おめでとうございます♪
 今回は、そんな施仁さんにインタビューをしてみました!

1. 施仁さんが、この学校へ進学したいと思ったのはなぜですか。
僕の進学したかった、管楽器リペア科はこの学校が一番有名だったからです。
韓国の知り合いもこの学校に通っていて良い学校だと聞いたのも理由の1つです。

2.中部楽器技術専門学校では、どんなことを勉強するのですか?
僕が入る、管楽器リペア科では主に金管や木管楽器の修理技術について学びます。

3.受験に向けて頑張ったこと、準備したことを教えて下さい。
まず、日本語の勉強です。
試験は全て日本語で行われるので、日本語ができないと受けることができません。
日本語の勉強の他には、面接試験の対策を先生にお願いしてやってもらったり、オープンキャンパスにも2回行きました。2回目に行ったオープンキャンパスでは、入試で行われる実技テストの模擬試験も受けることができました。オープンキャンパスは学校の雰囲気も分かるので、行ったほうが良いですね。

4.中部楽器技術専門学校へ進学したいみなさんへ、アドバイスをお願いします。
僕が入試のために特に頑張ったことはありません。
ECCの先生のいう通り宿題をやって、試験に合格していれば力はついてきます。
まずは、日本語の勉強から頑張っていって下さい。

5.最後に、施仁さんの夢を教えて下さい。
専門学校を卒業した後は、出来れば日本で楽器修理関係の仕事に就いて経験を積みたいですね。経験を積んだ後は、韓国で自分の修理屋さんとかお店を持てたらいいなと思います。

施仁さん、ありがとうございました。
そして、合格本当におめでとうございます!
残り少ないECCでの生活を存分に楽しんで下さいね♪

ニュース