• 日本語
  • 中国语
  • 中國語
  • 한국어
  • English
  • tiêng Viêt
  • TOP
  • ECC日本語学院について
  • コース案内・入学案内
  • 進路・実績
  • Q&A
  • アクセス

ニュース

 >> ニュース

校外学習2011/03/30

3月17日、1~12組の学生が校外学習に出かけました。生徒149名と引率教師16名の計165名がバス4台で滋賀県信楽方面へ向かいました。風が冷たいものの晴れ間がさすお天気でした。
 朝9時半過ぎに学校を出発しました。バスの中では、まずビンゴ大会が開かれ、1~6位までの人にすてきな景品が渡されました。皆ナンバーが映し出されるモニター画面をくいいるように見つめ、希望のナンバーをコールする人もいました。同時にビンゴになった学生同士は、じゃんけんの真剣勝負で、順位を決めました。白熱した楽しい時間が過ぎました。
 ビンゴに続いて、カラオケ大会になりました。早くから曲を選んで待っている人もいました。多くの学生が日本語や英語の歌を歌い、盛んな拍手を得ていました。
 バスの中では大いに盛り上がり、バスに酔うことを心配していた学生も、心配を忘れて楽しく過ごしていました。
 渋滞で少し遅れたものの、最初の目的地、信楽陶苑たぬき村に到着しました。バスを降りると、大小たくさんのたぬきに出迎えられました。本物ではなく、陶製のたぬきです。たぬきは縁起物で、「他を抜く」と同じ音から、商売繁盛につながるとして店先に置かれることが多いそうです。早速、たぬきとともに写真撮影をする人がいました。
 続いて、絵付け体験です。信楽焼きの一輪挿しかペン立てに、4色の絵の具で思い思いの絵を描きます。日中の旗を描いた人や「ECC大好き」と書いた人もいて、鵜飼先生に絶賛されていました。
 温かい昼食をいただき、たぬき村を発つ頃、外は吹雪いていました。次の目的地は甲賀流忍者村です。ここは、300年前に建築され、実際に住居として使われていた忍者屋敷です。手裏剣を飛ばしたりしました。赤や黒の衣装を身に着け、忍者に変身した学生は大はしゃぎでした。また、手裏剣を飛ばしたり、屋敷内のさまざまなからくりを見学したりしました。
 短いながらも、とても楽しい一日でした。特に、卒業生にとってはとてもいい思い出となりました。

ニュース